KDDIケーブルインフィニティ

世界中のデータ通信を支える海底通信ケーブル敷設・修理船です。
国際間および国内海底通信ケーブルの建設および保守を365日対応で担っています。
また、これまでの通信・資源探査ケーブル敷設作業に加え、電力ケーブル敷設工事への対応も可能とした、
日本で初めての自航式通信・電力ケーブル敷設船です。

船体設備

船橋 Bridge

360度視界を確保し、船舶の安全運航および作業状況確認に優れた配置を取っています。DPS(船位保持装置)運用は、以下の4か所で操船できます。
1.船首側:主に回航時に使用
2.船尾側(写真):ケーブル作業時に使用
3、4.両ウィング:岸壁への離着岸時に使用

ケーブルタンク Cable Tank

海底ケーブル積載用タンクを2基装備し、最大積載重量は4,000トンです。深海用ケーブルでは、5,000km相当分の積載が可能です。
ケーブルタンクのうち、1基は電力ケーブルの敷設に適したカルーセル(2,000トン搭載可能)を装備しています。また、予備の海底ケーブルを収容するためにスペアケーブルタンクも2基装備しています。

ギャラリー

仕様

船籍
日本
全長
113.1m
全幅
21.5m
総トン数
9,766トン
速力
12ノット
最大搭載人員
 80人
機関
2,450kw×4基
DPS(自動船位保持装置)DPS Class 2
2式
通信装置
VSATシステム、インマルサットFX

ROV・埋設機