KDDIオーシャンリンク

KDDIオーシャンリンク(KOL)は、
光海底ケーブルの敷設・埋設や修理・保守を行うために1992年に誕生。
最新のケーブルハンドリング機器や、作業の安全性・機能性を高める数々のハイテク機器を装備し、
全世界を結び付けている国際通信ネットワークを守るために活躍しています。

パンフレット
(PDF:5.5Mbyte)

KDDIオーシャンリンクの特徴

  • 可変ピッチプロペラ2基を主推進器とした2軸船に、バウスラスタ2基とスタンスラスタ1基が設けられ、 高性能な定点針路保持能力を得ています。
  • 1つのデッキを船首甲板、作業甲板、船尾甲板とすべて作業区画にし、広い作業スペースが確保されています。
  • 船首側にドラムケーブルエンジン2基、船尾側にリニアケーブルエンジン1基が搭載され、海底ケーブルの修理工事、回収、高速での敷設工事にも対応可能です。

ギャラリー

仕様

所有者
国際ケーブル・シップ株式会社 (KCS)
建造所
三菱重工業株式会社 下関造船所
起工
1991年3月28日
進水
1991年8月1日
竣工
1992年2月28日
船籍
日本
船級
NK NS*(CL),MNS*, M0,
全長
133.16m
19.6m
深さ
11.6m(from cable handling deck to bottom)
総トン数
9,510 トン
満載喫水
7.4m
載荷重量
(計画満載喫水時) 6,270 トン
ケーブルタンク容量
2,300m³ (3つの主タンクの合計)
主機関/連続最大出力
2,200PS×720/120rpm×4基
推進器
4翼可変ピッチプロペラ×2基
発電機/主発電機
800kw×2台
発電機/補助発電機
1,760kw×2台
バウスラスター
電動可変ピッチ式 920kw×2基
スタンスラスター
電動可変ピッチ式 920kw×1基
自動定点針路保持装置
1式(Kongsberg Maritime)
通信装置
インマルサットB、インマルサットF、船舶VSAT、衛星電話
航海速力
15ノット (時速約28km)
航海距離
約1万海里 (約18,520km)
ケーブルハンドリング装置
ドラムケーブルエンジン:電動油圧ドラム式2台
リニアケーブルエンジン:電動油圧タイヤ式1台
減揺水槽
(アンチローリングタンク)
1台
デッキクレーン(電動油圧)
2台
最大搭載人数
85名