PLOW-II

ケーブル敷設保守船「KDDIケーブルインフィニティ」に搭載されています。
最深1,500mまで運用でき、埋設深度は3mです。 主にケーブル建設工事で使用します。

ケーブル敷設と埋設作業を同時に行うので、
建設工事をとても早く、効率的に行えます。
また、ロボット本体をさまざまな姿勢に制御できることや、
水深200mまでなら、海水を取り込むジェット水流により、
海底下3mへのケーブル埋設が行えます。

ケーブル埋設機 PLOWについて

海底ケーブルを敷設しながら、埋設を行う場合、当社ではケーブル埋設機を使用しています。
海底ケーブル用の埋設機は、海底ケーブルを漁具や大型船のアンカーから守るため、
ケーブルや中継器、ケーブル接続箱などを埋設します。
ケーブル埋設機は、MARCAS-VやⅣと同様に、アンビリカルと呼ばれるケーブルで、
動力源となる電力を船上から供給され、水中カメラやソナーなどの機材を活用、船上から遠隔操作されますが、
ケーブル船により曳航され、ケーブルを敷設しながら埋設する、特殊なロボットです。
農具の「鋤」のような構造物により溝を掘ることから、「PLOW(イギリス英語:Plough)」と呼ばれています。

PLOW-II作業シーン

仕様

最大運用水深
1,500m
サイズ
9.5m(L)×5.6m(W)×5.0m(H)
重量
24.0トン(空中)ジェットツール搭載
掘削方法
ウォータージェット及び鋤により海底土をカットし持ち上げ、
掘削溝にケーブルを落とし込み埋設
スラスタ
15kW(電動モーター)1基
ジェッティングシステム
2×250kWジェッティングポンプ
曳航速度
時速1.0km(海底地質による)
曳航張力
10トン-45トン
曳航張力上限
55トン
曳航索破断張力
80トン
埋設深度
3.0m(海底地質による)
対象海中設備外径
対象通信ケーブル径:17-150mm 中継機外径:380mm以下
ケーブル曲げ半径
1.5m
海気象条件
うねりの波高4m以下で波長が100m未満の海気象
海底傾斜
進行方向30度以下、左右方向30度以下
監視装置類
超音波ソナー2式、 音響測位装置(トランスポンダ・レスポンダ)、 ジャイロコンパス、水中高度計、水中ライト5台、
モノクロカメラ3台