MARCAS-IV

MARCAS-IVは、ケーブル敷設保守船「KDDIオーシャンリンク」(KOL)に搭載されている
ROV(Remotely Operated Vehicleの略)です。

最深2,500mまで潜行し、ケーブルの埋設や保守作業などを行います。
埋設は、大量の海水を取り込み、海底に吹きつけ、溝を掘ることにより行います。埋設深度は3.0mまでです。
また、マニピュレータを装備しており、障害物の移動を行ったり、
カッターツールによるケーブル、ロープの切断も行います。

パンフレット
(PDF:5.9Mbyte)

MARCAS-IV作業シーン

水中ロボットMARCAS-IVはKOLに搭載され、ケーブル保守作業に従事しています。
このロボットは、水深2,500mまでの海底で、主にケーブルの障害点探査、
切断及び修理後にケーブルを最大3.0m
(ジェットツールモード)の深さに再埋設します。

仕様

最大使用水深
2,500m
サイズ
(ジェットツールモード)
長さ 5.38m (2m埋設ツール)  6.48m(3m埋設ツール)
幅 3.65m   高さ 2.96m
重量
空中17トン 海中 中性浮力
推進能力
前進・後進 3ノット
横 2ノット 垂直 2ノット
パワー
合計450kW (225kWx2)
推進器
直径 500mm
油圧駆動スラスタ 10台
最大埋設深度
3.0m (海底地質による。)