新型ケーブルプローブ

海底面などに埋設された通信ケーブル、電力ケーブルを探査。
新型プローブの開発により機動性をアップしました。

特長

測定可能最大埋設深度
10m(EL電流50mA供給条件)
検知可能なEL信号
15Hz ~ 120Hz、0.1Hz単位で検知周波数を可変対応

従来型ケーブルプローブで使用されている技術と水中ロボットに搭載しているケーブルファインダの技術を取り入れると共に、従来型同様にダイバーによるハンドリングを可能とした高機動性を実現しています。

海中で操作するダイバーもモニター画面にて多くの情報を確認できるため、探査作業の効率化を図ることができます。