ホーム > 設  備 > 水中ロボット > ROV MARCAS-III

設備情報

水中ロボット ROV

ROV MARCAS-III

MARCAS-III

「MARCAS-III」は、ケーブル敷設保守船「KDDIパシフィックリンク」(KPL)に搭載され、運用を行っています。
600kWのパワーを持ち、最深2,500m まで潜行し、MARCAS-Ⅱと同じように、海底で作業を行います。

仕事の内容や埋設の方法はMARCAS-Ⅱと概ね同じですが、600kWというパワーを活かし、埋設深度3mまで埋設したり、海中での強い 潮流をものともせず、ケーブル埋設や保守作業などを行います。

600kWというパワーは、通信用ケーブル用水中ロボットとしては、現在、世界のトップクラスを誇ります。

仕様

最大使用水深2,500m
(3mジェットツールモード)
サイズ
(3mジェットツールモード)
6.27m(長さ)x3.7m(幅)x3.4m(高さ)
空中重量 17トン
パワー600kw 電動モーター 816HP
走行性能
(埋設作業のない状態)
3.0ノット(前後)
2.0ノット(横)
1.5ノット(垂直)
最大埋設深度3.0m (海底質と傾斜による。)
監視装置 カメラ6台(カラーCCD 1台、白黒SIT 1台、白黒CCD4台)
超音映像波ソナー
高度計
音響測位装置
ケーブル探査システム
水中ライト10台

MARCAS-III作業シーン

船外へ繰出されるMARCAS-III

1. 水中ロボットMARCAS-Ⅲを降下・揚収設備にて吊り上げ、船外へ繰出すところ

2. 岸壁にてケーブル検知機器のテスト中

600kwのパワーをもつ水中ロボットMARCAS-Ⅲは、KPLに搭載され、ケーブル保守作業に従事しています。

MARCAS-Ⅲは、水深2,500mまでの海底でケーブルの敷設状況調査、障害点探査、埋設されたケーブルの掘出し、切断及び強力なジェット水流で最大3mの深さの再埋設などの作業を行います。

MARCAS-III操作室

3. 操作室にて水中ロボット MARCAS-Ⅲを操作中

ROVパイロットは船上にある操作室で、水中カメラやソナーなどの各種センサにより、海底の状況や ケーブルを観察しながら、ジョイスティックでROVを操縦します。

Copyright 2001-2010 Kokusai Cable Ship Co.,Ltd. All Rights Reserved.